ジャージ

2010/03/29 22:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

352:本当にあった怖い名無し :2010/03/29(月) 20:58:30 ID:BZvOPHnq0
厨房の頃、好きな子のジャージを毎日嗅いで、なめ回すのが俺の日課だった。
好きな子のジャージに何かする事はデフォっつーか、呼吸と同じような物だろう。
その時は家に帰ってもなにする時でもジャージの事しか考えてなかった。
チキンな俺は事件の発覚を恐れ、盗むという事がどうしても出来なかった。
寝る前に明日こそは!明日こそは!毎日自分を奮い立たせていた。一種の病気だったと思う。
ある日年に数回しかない移動教室の時にトイレと偽ってついに盗んだ。
その直後にハァハァ言いながらトイレに持ち込んで、ジャージをギンギンのティムポに巻き付けてオナニー。
今までない程に興奮してとんでもない量をジャージの中に射精した。
やっと私物化したんだ、これから毎日汚してまくってやるぞ、と内心ほくそ笑み、何事も無かったかのように自分の机の奥底へと押し込んだ。
しかし問題が起こった。
なんと次の時間が体育だったのだ。
まさかの所で痛恨のミス。

 

あああ・・・。どうしよう、どうしようと思ってる中、
ついにその女子が自分のジャージが無い事に気付く。
泣きながら担任に告げ、皆で教室を捜索する事になった。
ごみ箱、棚、ロッカー、、、それでも出てこなかったので、机の中身を出す事に
必死に隠したつもりだったが隣の席の男子が不審に思ったのか、
「先生!沢田くんが怪しいです。」と大声で告発しやがった。
近寄る担任。
ガチでスローモーションに見えた。
この瞬間脳裏に、「ああ、終わったな、いつ死のうかな」しか考えられなかった。
「ちょっと、ごめんね。」と机の中に手を入れる担任。
生徒全員の前で広げられたのはザーメンまみれの〇〇さんのジャージ。
大声で泣き出す〇〇さん。
「マジくせ!」と隣の男子。
「最悪じゃない?」と後の席の女子二人
クラス中大ブーイング。なだめる担任。泣きそうになる俺
俺は今にも泣きだしそうになりながら「いいい、いやほほほんとにちががが」
と必死に否定したが、移動教室の時に抜けたのが決め手となり、クラス全員に発覚

事件発覚直後に生徒指導室へ。
ここはあんま覚えてない。
死ぬ事しか考えてなかった。
家に帰ったらすでに家に連絡がいっており、玄関開けた瞬間に母親のビンタ。
泣き崩れる母親。
ダッシュ逃げてで部屋に鍵かけて引きこもる俺。
夜、部屋で声がイカれるくらい泣いてて、トイレ行こうと部屋の鍵外した瞬間、
親父が部屋の扉蹴り飛ばして入ってきて(ずっと廊下で鍵が開くのを待ってたらしい)
鬼みたいな形相して「このクソ野郎がああああ!!!」
ボッコボコに殴られ蹴られる俺。
「ごべんなざ!痛っ!!ぼうじないがら!!どうざん!!!痛い!ごべんだざい!!!」
そこで母親がヨタヨタになりながら止めてきて、俺痛さと泣きすぎで呼吸出来なくなって泡吹いてぶっ倒れた。

オススメ出会いサイト「Secret Number」

Secret Number

秘密の交際を目的とした無料のコミュニティサイトがこの「Secret Number」になる。最大の特徴は電話番号が交換可能というところで、その交換が済めばそれ以降はサイトを通さずに直接やり取り出来るというものだ。元からすべて無料で利用できるので、電話番号交換まではじっくりと相手を吟味しても問題ないだろう。

検索機能も多岐に渡っており充実している。ノーマルセックスは当然として、野外やオナニー鑑賞、SM系といったアブノーマルなジャンルをも詳細に設定出来るので、普段は公開出来ないようなアピールも可能で、波長の合うパートナーを見つけられる可能性も高い。

攻略方法として挙げられるのは、電話番号交換までやや時間をかけて相手を探す事だ。それまでは無料で利用できる出会い系サイトなので、無料で済ませられる部分は無料で済ましておきたい。相手のプロフィールや性癖、事前にちゃんと知った上で、そこで改めて電番を交換するのが得策だろう。相手がよく分からないうちにポンポンと番号を教えるのは危険でもあるので、安全を考えるとその流れで進めるのが無難だ。