• Home
  • >
  • >

友達との目隠しプレイ@実家のマンション

2009/12/08 02:22┃登録者:えっちな 名無しさん┃作者:名無しの作者

626 えっちな18禁さん sage New! 2009/12/07(月) 21:26:32 ID:f73Nh3VZ0
既にやることはやっていた友達(今は付き合っている)が実家のマンションに遊びに来た。
当然家族は法事で出かけていて家には二人きり。
飯も食い終わり、さあ寝るかということで俺が先にシャワーを浴びて部屋に戻るとその子がいない。
おかしいなぁと思っていると弟の部屋から物音が…
そーっとドアを開けてみると、タンスを開けて弟のパンツを物色したり匂いをかいだりしていた。
俺が声をかけると「いや、ちょ、これは!etc」とテンパっているので、
俺の部屋に連れ戻し詰問すると、
「○○クン(俺)の弟は前から可愛いと思っていた。」
「興味が沸いて我慢できなくなった。」
「でも大好きなのは○○クンだけだから。」
と言うのだが、とりあえず罰として目隠し、後手に縛り、足も縛ってベッドへ寝せた。
5分くらい眺めていると、「ど、どうしたの…」「ねぇ…」とモジモジしだした。
そこで俺は指で口の周りをなぞり、そのまま耳やうなじをフェザータッチで撫で回した。

 

627 えっちな18禁さん sage New! 2009/12/07(月) 21:26:55 ID:f73Nh3VZ0
ハァハァ…と吐息が荒くなってきたので、指を口に入れてゆっくりをかき回し、
存分にしゃぶらせ、その指を首、鎖骨、胸へと移動させた。
そして円を描きながら乳首のほうへ… 乳首はもうビンビンになっている。
息を吹きかけ、しばらく指でこりこりと手のひらでスリスリと感覚を楽しむ。
あばら、ヘソ、陰毛を触りながら内股へ指を滑らせると、身をよじって悶えだす。
それでも肝心なところには触れず執拗に
陰毛、内股、脚の付け根を撫でていると、透明な液体が溢れているのが目に入る。
「はぁはぁ… もう…」
「もう何だ?」
「だめ… もう我慢できないよ…」
「何が我慢できないんだ?」
「あっ! ハァハァ意地悪しないで!」
「まだまだ!お仕置きだからな!」

628 えっちな18禁さん New! 2009/12/07(月) 21:27:49 ID:f73Nh3VZ0
一時間ぐらい攻めまくっていると、喘ぎから悲鳴のように変わっている。
「もうもう、お願い!!!! 触って! 触ってほしい!」
「何を?」
「…ハァハァ、…そこ、あ、あそこ!」
「聞こえないよ?」
「お願い!!!許して!!!」
何を許すの?これを!?
と言いながら、パンパンに張った健二の金袋を揉みながら、エレクチオンした陰茎を握っただけで、
「アーッ!!!!」の声と共にドクドクドクッと大量に精液が飛び出した。

オススメ出会いサイト「Secret Number」

Secret Number

秘密の交際を目的とした無料のコミュニティサイトがこの「Secret Number」になる。最大の特徴は電話番号が交換可能というところで、その交換が済めばそれ以降はサイトを通さずに直接やり取り出来るというものだ。元からすべて無料で利用できるので、電話番号交換まではじっくりと相手を吟味しても問題ないだろう。

検索機能も多岐に渡っており充実している。ノーマルセックスは当然として、野外やオナニー鑑賞、SM系といったアブノーマルなジャンルをも詳細に設定出来るので、普段は公開出来ないようなアピールも可能で、波長の合うパートナーを見つけられる可能性も高い。

攻略方法として挙げられるのは、電話番号交換までやや時間をかけて相手を探す事だ。それまでは無料で利用できる出会い系サイトなので、無料で済ませられる部分は無料で済ましておきたい。相手のプロフィールや性癖、事前にちゃんと知った上で、そこで改めて電番を交換するのが得策だろう。相手がよく分からないうちにポンポンと番号を教えるのは危険でもあるので、安全を考えるとその流れで進めるのが無難だ。