• Home
  • >
  • >

息子が通う少年野球クラブの親睦会

2009/08/27 23:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

私は41歳。妻は38歳で、子供が2人、中1と小4です。
その小4の息子が通う少年野球クラブが夏の大会後の親睦会を開くということで、今日、都心のプールに子供達と1部の保護者で行くことになった。
ふだんの練習試合などの応援はお母さんがほとんどで、たまに6年生のお父さんが参加するくらいですが、私は妻と一緒によく応援に行っていました。
そういうこともあって、私も今日妻と子供と一緒にプールに行ってきました。
その時のことを、昨日の様子から報告したいと思います。
なぜなら、妻の様子がこれまでと明らかに違っていたからです。
プールに行く前日、そう、昨日の夜、子供たちが寝静まった夜遅くに風呂上りのバスタオル姿の妻が、
「ねえ、あなた今日私、明日の水着を買ってきたの、今から着てみるから見てくれない」と言うのです。
私は、びっくりして、
「おまえ、子供達と一緒に俺が海に連れた行った時、歳も歳だし恥ずかしいから浜辺で見ているわ、と言って最近は水着を着て海に入ったことがないのに、どうしたんだ?」
と言うと、
「そうなのよ。私は入りたくなかったんだけど30歳くらいのお母さんが、井上さんのお母さんは私とあまり年が変わらないでしょ、一緒にプールに入りましょうよ、って言われて、私も歳を言いそびれて、長いことプールに入ってないからって断ったんだけど・・・つい断りきれなくて」
と言うもので、まあ、妻は他のお母さんやお父さんからなるほど自分よりもだいぶ下に見られて、30歳前後だと言われていたなあと思い出して
「お前はいいなあ若く見られて・・・まあ、どうでもいいけど、それじゃ買ってきた水着を着てみれば」
と言って、見てやることにしました。

妻は恥ずかしいのか私の前では着替えず隣の部屋で着替えてきました。
そして、妻の水着姿を見るのは本当に久しぶりの私は少し興奮しました。
妻の着ている水着は、色こそ歳に似合わず少し派手でしたが、ワンピースでしかも超ミニではあるもののミニスカート付でした。
でも、少しハイレグで、普通にはいてもムッチリとした妻の尻が3分の1ほどはみ出ている感じです。
妻が、
「どう、似合う?派手じゃない?」
と聞くので
「よく似合っているよ」
と言うと、喜んでクルリと1回転して見せました。
しかし、水着の入っていた袋をしゃがんで取り、片づけようと立ったときの事です。
妻の後姿を見ると、超ミニのスカートからではありますが、明らかにTバックに近い妻の尻があらわになっているではありませんか。
私はその妻の色気のあるムッチリとした尻を見ながら、水着が少し小さいのではないかと忠告しようかと思いましたが、躊躇しつつも見ていると妻が、
「あら、すこしお尻にくいこんじゃったわ、明日は気をつけないと」
と意外と平気な顔をして言うのです。
私もその時は、まぁ、たしかに気をつければいいことだよなぁ・・などと納得してしまったのでした。

そして、今日プール本番の日となりました。
私は、妻のTバック状態の尻が、知り合いのコーチやお父さんたちにじっくりと見られはしないかと、そればかりを気にしてドキドキしながらプールに入りました。
やがて、妻はそんな私に気持ちも知らずに、着替えを済ますと楽しそうに入ってきました。
久しぶりのプールに、妻は年甲斐もなく他の奥さん達と一緒に屈託なくはしゃいでいるように見えました。
私が気にしていた水着は、最初は申し訳なさそうに尻の3分の1ほどしか見えていませんでしたが、しゃがんだり立ったりしたためか、徐々に時間が経つに連れ水着の布は妻のムッチリとした尻の割れ目に食い込みTバック状態になっていました。
私はいつみんなに気づかれるかと内心冷や冷やしていましたが、浮かれている妻はそんなことにはまったくお構いなしに私たち男の保護者やコーチがタバコを吸っているところへやって来て「水に入ると涼しいから入りませんか」などと誘いにに来たりするのです。
そして、その男達の前に尻を向け子供達の泳いでいる方をしばらく見ているのです。
私が、ふと隣のお父さんやコーチを見ると、男の人たちの目は妻のはみ出した尻にくぎ付けです。
私はその男の人たちの視線を妻より強く感じ、なぜか少し勃起状態になってしまいました。
そして、となりのお父さんと目が合いうと、彼が気まずそうに「井上さんの奥さんは、すごくプロポーションがいいですね、見とれてしまいますよ」と言うので、私も少しバツが悪いので、「ちょっと尻がはみ出しすぎですね、妻に注意しなければ」と言うと「いやいや、ああいう水着じゃないんですか」と言うので、「違いますよ、動いて食い込んでいるんですよ」と言うと「もし、奥さんが気がつかなければ、あのままにしていてくださいよ、私はすごく興奮してこのままじっと見ていたいですよ、あんなお尻が触れるご主人がうらやましいです。また機会があれば,ご主人の許しがいただければ触れてみたいですよ。」と本気で言うのです。

私はそんな言葉をもろに聞いたのと、尻がはみ出しているのを分かっていながら、父兄やコーチの前でその尻を露出している妻に腹が立つのと、少しビールに酔ったこともあり、
「いいですよ、今晩飲みに行きましょう。妻をおだてて弱いお酒を飲ませたら何とかなるかもしれませんよ」などと言ってしまいました。すると、そのお父さんは目を輝かせて、
「本当にいいんですか、是非飲みに行きましょう!」
と言うのです。
結局、私のうちで男の保護者とコーチと妻を含めて6人で飲むことになってしまいました。
そして、子供が寝てしまってからのことです。
すでにみんなに酔いが回ってきた頃、プールで隣にいたお父さんが、
「奥さんは若いし、プロポーションはいいし・・・もう一度今日の水着姿がここで見てみたいなぁ。みんなどう思う?」と言い出すのです。
みんなも、
「見てみたい、奥さんはきれい,美しい」
と言い出すのです。
妻は少し酔った赤い顔で、
「みんなにそのように言っていただくのは嬉しいけど、こんなところで水着姿なんて恥ずかしいわ。あなたどうしたらいい?」
と聞くので、妻が誉められて調子に乗って明らかに嬉しそうなのを見て、
「これだけみんなが誉めてくれているんだから少しくらいの間ならいいんじゃないの」
と言うと、妻は、
「こんな部屋の中で、それも男性の方ばかりの所で水着になるのはやっぱり恥ずかしいわ。なれない」
と言い断りましたが、子供の野球のコーチが
「奥さん、いつも子供さんの指導をしていますが、本当にいい子ですよ、やっぱりお父さんやお母さんがすばらしいからだと思います。子供が素直に育っているんですから、奥さんもみんなの期待にこたえられるよう素直になってください、でないと、子供も素直でないのかなって疑いますよ」
と酔っているせいか訳のわからないことを言い出しました。

妻は、「お父さんどうしよう、私はどうしていいかわからなくなってしまったわ」
と言うので、こいつは、もうみんなの前で、水着になってもいいかなと言う気持ちになっている・・・と見抜いたので「少しの間ならいいんじゃないの、みんなもこんなにお前の水着姿をもう一度見たいと言っているんだし、別に裸になるわけじゃなし」と言うと、妻は「私にしたら裸になるような気分よ」と言いながらも、みんなの楽しく飲んでいる雰囲気も壊したくないと言うようなことを呟きながら、風呂場で、洗ったばかりで乾燥機に掛けていた水着を付けに行ったのです。
すると、それにあわせるように一人の若いお父さんがトイレに立ったのです。
その時は気にもとめなかったのですが、少しして私はハッとしました。トイレは風呂場の横にあるのです。
なんとなく気になり、タバコをとりに行く振りをして覗いてみると、案の定、その若いお父さんはカーテンで仕切った脱衣場で着替えている妻を盗み見しているではないですか。
妻が酔って意識が散漫になっていることをいいとに・・・。
でも、まぁ、時間的にもう着替え終わるだろうと私は先にみんなのところに戻ってきました。
すると、若いお父さんも戻ってきて、その後に続いて水着に着替えた妻が戻ってきました。
みんなが拍手をして迎えたので,妻は恥ずかしそうに股を閉じるしぐさをしました。そしてそれから接待のため、立ったり座ったりしたため、昼間と同じように妻の水着に包まれた尻はまたTバックのもろ見え状態になってしまいました。
みんなの横に接待に行っているのか、自分が酌されに行っているのかわわからない状態の妻を見て、腹が立っているのと、酔いも手伝って妻に、「おい、お前の水着少し小さいのか尻がだいぶはみ出しているぞ」と言うと、妻もかなり酔ってきたせいか、普段はおそらくそんなことは言わないであろうのに、横にいたコーチに「えっ、嘘でしょ、そんなことないですよね、コーチ」と言ったもんで、コーチが「私は、奥さんのお尻は普段からズボンやスカートごしに見ることはあって、今日はそんなに見てないから分かりませんが、そんなになっているんですか、一度お尻を上げてよく見せてください」と言うと妻は四つん這いになるように尻を上げてもろ見え状態の尻をコーチの方に突き出したのです。
私は驚いて、お前…何をしているんだと言いたかったのですが、あまりに予期せぬ光景に声が出ませんでした。

妻は酔っ払って、自分が水着であることすら忘れて、しかも、男に尻を突き出していることすら正常に認識出来ないでいることを私は気付いたのです。
その状態を見て、私以外の男達も一箇所に集まり、食い入るように尻を見ていました。
しばらく見入っていたでしょうか、やがて妻の四つんばいの膝は崩れ、横にコロンと倒れるとスヤスヤ寝息を立てて寝てしまいました。
妻は尻をむき出したままです。
みんなかなり酔っ払っていました。一人の男が言いました。
私にしたらそれを言ったのが誰でもかまわない状態に私自身も陥っていました。
「奥さんのあそこ、大事なあそこ、ご主人しか見たことのない大事なマンコが見たい」
と真剣に真顔で言うのです。
それに答えるように私は、妻の尻のところに行き、
「見るだけだよ、そして今日のことは誰にも言いませんか」
と念を押して、みんなが頷くのを確認してから、Tバック状態に食い込んだ布をずらし、妻のおそらく私しか見たことのない大事なあそこ、おまんこを露出させました。
そして、小さな菊のような尻の穴をも露出させました。
「ちょっとだけ、触れてもいいですか」
と言う男がいて、返事をするまもなく妻の大事なあそこを軽く触りました。
すると、別の男も調子に乗って手を出してきました。

私自身家での飲み会と言うこともあり、また相当な泥酔状態になっていて、しかも、自分の妻に魅力を感じハイエナのようにむさぶりついている男達を見て、
「ええい、もっとやってやれ」
と言う気になって、妻のまたに紐のようになっている水着を引きちぎってやろうと思いましたが、冷静になって、肩から一気に脱がせて素っ裸にしてしまいました。
男達は群がって、妻の乳やら大事なあそこを舐めたり、そして、私もめったに触ったことのない尻の穴まで指を入れたりしていました。
私のチンポはその間勃起したままで、男達が妻のおまんこや尻の穴にウインナソーセージやビールビンを入れ始めたのと、夜もふけ少し酔いがさめ、正気を取り戻してきたこともあり、
「もう、今日はこのくらいにして帰ってくださいよ、そして、今日のことは私も黙っていますから、あなた達も秘密にしておいてくださいよ。でないと、いくら酔っているとはいえ、今の立場や地位を失いますよ」
というと、自分達がしたことに気づき、正気に戻ったのか
「どうも大変なことをしてしまい,すみませんでした」
と名残惜しそうに帰っていきました。
妻には裸のままタオルケットを掛け、さめやらない興奮を楽しみながら、パソコンに向かって打ちました。
酔っていたとはいえ、明日から、今日のお父さん達や、コーチとどんな顔であったらいいものか、興奮はさせてもらったが、明日から妻が、あの男達に今日のことを理由に脅されないか心配になっているところです。

オススメ出会いサイト「熟妻不倫交際」

熟妻不倫交際

主人との関係は続けたままで別の男性とセックスしたいという人妻・主婦は多い。この「熟妻不倫関係」はそんな既婚女性が多数登録している出会い系サイトだ。秘密厳守での関係を求めている女性が中心であるため、サイトのセキュリティも万全で、利用者からの評価も非常に高い。

30代、40代既婚者の交際を目的とした無料の出会いコミュニティであり、不倫・割り切り・セックスパートナーを探すにはとても便利だ。即アポで即セックスを希望する女性が登録しているので、今日明日すぐにセックスしたい時に相手を探すのが簡単なので、利用価値は高いと言える。中でも待ち合わせ掲示板はリアルタイムでセックスパートナーを見つける事が出来る。

攻略方法だが、このサイトを利用する上では、今述べた待ち合わせ掲示板が最大の強みとなるだろう。暇をもてあましている主婦が常時待機しているぐらい書き込みがあるので、まず会えないという事はない。なので、相手の目的がセックスである事だけを確かめてアポを取れば簡単に性欲を満たせるだろう。じっくりと相手を吟味したい場合は、通常のプロフィールからの検索も可能だ。写真も複数枚掲載可能なので、写メから好みの主婦を選ぶのも良いだろう。