• Home
  • >
  • >

おばさんでも俺は我慢できない。

2009/11/03 09:07┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

俺は成績があまりよくない学生だが、簿記とパソコンが得意なので、先輩のつてで輸入雑貨店でバイトをしている。
バイト先の経営者は渡辺えり子似の巨乳おばさんだ。
顔は全然好みではないが巨乳好きの俺はどうしても胸に目がいってしまう。

そのおばさんが、自宅のパソコンを買い換えたので、俺に設定とデータの移動を頼んできた。
時給+晩飯+酒つきの条件を提示されたので、俺は嬉々としておばさんのマンションへ行った。
作業が終わったら、おばさんが寿司の出前を取ってくれたので二人で酒盛りが始まった。
二人とも酒好きなので早いピッチでグイグイ飲んで二人とも酔っ払った。
二人は並んでソファーに座っていて、おばさんは話に夢中になりながら、俺の腕をとり巨乳をぐいぐい押し付けてきた。
その弾力に刺激された俺のティンポは勃起しかけてきた。
このおばさんで勃起してはいけないと懸命に我慢したが、巨乳の刺激に我慢しきれず、ティンポはびんびんになってしまい我慢汁まで出てきた。
おばさんは目敏く俺のティンポが勃起しているのを見つけると「いやだ。溜まっているの?」と言った。
俺は「酒のせいで血の循環がよくなっただけです。」と言ったが、おばさんは俺の手を取り、自分の胸を俺に触らせた。
俺は最初手を外そうとしたが、手のひらが胸の弾力を感じると我慢できずに、胸をもんでしまった。
それで俺の欲情スイッチが入ってしまいおばさんの服を脱がせ裸にした。

おばさんの裸は贅肉がついてプヨプヨしているが、酔った俺はそのプヨプヨした体を見て更に欲情し、俺も裸になっておばさんの体にむしゃぶりついた。
おばさんの肌は肌理が細かくすべすべしており、その上プヨプヨなので抜群の乗り心地だった。
前戯もそこそこに俺は生で挿入した。
おばさんのオマンコはねっとりと俺のティンポを包み込んで、最初の一突きを奥まで入れるだけで射精しそうになった。
めくるめく快感の中で俺は言った「エリコ!」

オススメ出会いサイト「人妻不倫掲示板」

人妻不倫掲示板

既婚女性との出会いを求める男性にお勧めなのがこの「人妻不倫掲示板」。女性は既婚者もしくは離婚歴のある女性のみ参加可能という、完全に主婦・人妻系の出会い系サイトとなっている。若妻から熟女まで、様々な主婦が参加しているので好みの女性を見つけるのも容易だろう。

人妻で出会い系を利用しているケースは、主人と別れる気持ちはなくて、あくまでも割り切った身体のみの関係を求めているタイプの女性が多い。なので、秘密厳守でのセックスにこだわるので男性側が既婚・恋人がいても大丈夫だろう。出会い系サイトの相手の女性が誰にもバレたくない思いをしながら利用しているので、男性側の秘密も一緒に守ってくれるだろう。

攻略方法は、時間帯の合う相手に重点的にアプローチをかけるのがいいだろう。自分の活動時間が夜ならば相手も夜、昼ならば相手も昼。主婦は昼が暇、と思いがちだが意外と様々な時間帯に自由時間を持っている。タイミングの合う主婦を見つけて、そしてセックスに持ち込むのがベターだろう。あまり外見的な好みにこだわらずに、会えるチャンスがある人妻にどんどんアポを申し込んでいくのが手っ取り早い。