43歳の時、左のおっぱいを手術した

2010/03/02 14:20┃登録者:<`∀´r >┃作者:名無しの作者

725 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 20:13:11 ID:cMANZDUf0
43歳の時、左のおっぱいを手術した。
結構大きな傷ができて、旦那どころか自分で自分のおっぱいを見るのすら嫌だった。
たまにお風呂上りとか着替えてる時に、鏡におっぱいが映ってしまうと、
すごく悲しくてボロボロ泣いていた。

ある日、お風呂に入っていると、いきなり旦那が一緒に湯船に入ってきた。
私は、おっぱいを見せたくないのに何で入ってくるのかって泣きそうになったんだけど、
旦那は私のこと慰めてくれた。

旦那「一緒に住んでる夫婦なんだし、一人で抱えてないでさ」
私「・・・うん」
旦那「あ~・・・嘘付きたくないから、思ってること全部正直に言っちゃうね・・・
    その、初めて手術のあと見たからちょっとびっくりしてる。
    え~っと・・・もう痛くはないの?」
私「もう痛くはない」
旦那「うん、良かった。傷思ったより大きかったから・・・。」
私「ごめんね。おっぱいこんなになっちゃって・・・」
旦那「そんな、大丈夫だよ。少なくとも俺はそのうち気にならなくなるよ。」
私「うん、あるがとう」
旦那「うん・・・」
私「・・・」
旦那「よかった・・・」
私「・・・」
旦那「それに、そんないつまでもおっぱい隠してたらエッチもできないしね」
私「はいっ!?ふ、ふふっw」
旦那「ははwえ~と、つまり◯◯は今でも俺にとってはすごく魅力的な女性ってことだよ。
     これも正直な気持ち」
私「いきなり何言ってるのよまったくw」
旦那「まぁ、俺は今でも◯◯ちゃん(付き合ってた頃の呼び名)が大好きで、
    だからもう一人で悩まないでねってことが言いたかったんだよ」

湯船で大泣きした。この時以来、本当におっぱいの傷が気にならなくなった。
旦那、こんな私を心配してくれてありがとう

オススメ出会いサイト「ヴァージンマダム」

ヴァージンマダム

結婚後にセックスレスになった主婦、または性的に満足できていない女性を意味するスラングをサイト名に持つのが「ヴァージンマダム」。その名の通りの女性会員をレディコミを中心に募集しているので、女性会員数のほうが男性よりも多いサイトの一つである。

ヴァージンマダムとの出会いを無料で完全サポートと銘打っている通り、メールから写メ閲覧をはじめ全ての機能が全て無料で利用出来る。女性検索も充実していて、年代から即会い、サポート希望、特殊性癖から選択可能だ。

攻略方法としては、ここはサポート付きを狙うのが良いだろう。家事や育児に疲れている女性を狙うよりも、仕事に明け暮れている年齢の高い女性のほうが美味しい思いを出来る。男性へ支払う金銭感覚も通常と異なっていて、お金目的でなおかつセックスも出来るというのが魅力だ。サポート付きを大前提として探し、それ以外の要素は自分の好みで決めていくのがいいだろう。