43歳の時、左のおっぱいを手術した

2010/03/02 14:20┃登録者:<`∀´r >┃作者:名無しの作者

725 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2008/12/13(土) 20:13:11 ID:cMANZDUf0
43歳の時、左のおっぱいを手術した。
結構大きな傷ができて、旦那どころか自分で自分のおっぱいを見るのすら嫌だった。
たまにお風呂上りとか着替えてる時に、鏡におっぱいが映ってしまうと、
すごく悲しくてボロボロ泣いていた。

ある日、お風呂に入っていると、いきなり旦那が一緒に湯船に入ってきた。
私は、おっぱいを見せたくないのに何で入ってくるのかって泣きそうになったんだけど、
旦那は私のこと慰めてくれた。

旦那「一緒に住んでる夫婦なんだし、一人で抱えてないでさ」
私「・・・うん」
旦那「あ~・・・嘘付きたくないから、思ってること全部正直に言っちゃうね・・・
    その、初めて手術のあと見たからちょっとびっくりしてる。
    え~っと・・・もう痛くはないの?」
私「もう痛くはない」
旦那「うん、良かった。傷思ったより大きかったから・・・。」
私「ごめんね。おっぱいこんなになっちゃって・・・」
旦那「そんな、大丈夫だよ。少なくとも俺はそのうち気にならなくなるよ。」
私「うん、あるがとう」
旦那「うん・・・」
私「・・・」
旦那「よかった・・・」
私「・・・」
旦那「それに、そんないつまでもおっぱい隠してたらエッチもできないしね」
私「はいっ!?ふ、ふふっw」
旦那「ははwえ~と、つまり◯◯は今でも俺にとってはすごく魅力的な女性ってことだよ。
     これも正直な気持ち」
私「いきなり何言ってるのよまったくw」
旦那「まぁ、俺は今でも◯◯ちゃん(付き合ってた頃の呼び名)が大好きで、
    だからもう一人で悩まないでねってことが言いたかったんだよ」

湯船で大泣きした。この時以来、本当におっぱいの傷が気にならなくなった。
旦那、こんな私を心配してくれてありがとう

オススメ出会いサイト「コイコイ」

コイコイ

即会い即アポに非常に有利な作りになっているのが「コイコイ」だ。これはユーザーの立場に立って作られているというのがよく分かる優良サイトだろう。相手との待ち合わせの際に、地図も同時に出てくるのでわざわざ別のサイト等でマップを確認する必要がない。注意して欲しいのは、相手の住所とマップのポイントが同一であるとは限らない事。常に住所にマップを設定している女性もいるが、出先の場所、待ち合わせの場所に設定している事のほうが多いと考えたほうがいい。会えるに適した場所を示しているという事だ。

参加している会員はOLや女子大生、新妻など若い女性が多い印象だ。若い女性は体力もあり性的にアグレッシブなので、スポーツ感覚ではしごセックスをしている人もいる。男性会員が不足しているサイトなので、そういうセックスに貪欲なタイプの女性達なら、アポを取れば簡単に会えるだろう。

攻略方法としては、いま挙げたようにセックスに貪欲な若い女性を狙うのがもっとも容易だ。比率としては低いながらも主婦などの落ち着いた年齢の女性も在籍しているので、結局のところは自分の好みの女性を探してもかまわないだろう。が、主婦をもし狙うなら別のサイトのほうがいい事もあるので、複数のサイトを使い分けるのがベストと言える。