友人の家で

2010/01/13 01:57┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

214 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/08(水) 19:49:59 ID:rSH8R+0q
20歳の時、バイト仲間7~8人ぐらいで海水浴に行った。
そのうちの1人の実家が海水浴場の近所だったので、みんなで
お邪魔して泊めてもらうことに。

旅館みたいに食事も風呂ももてなしてくれてありがたかった。
で、夜になってお腹が痛くなり、トイレに行くとそこのお父さんが入っていた。
ノックをしても「あいよー、もうちょっと待ってねー」と返事。
一度部屋に戻りみんなでトランプして気を紛らすがすぐに次の波が。

もう限界に近かったのでヨロヨロ歩きながらトイレに向い、やった、助かった、と
思いトイレのドアに手をかけると後ろからバイト仲間の1人が
「うおお漏れる漏れる!俺先させて!」と俺を押しのけトイレにIN。

もうゴールと思い緩みきった括約筋はもはや活躍の場を失くし、
全身の血の気が引くのを感じた俺は力なくそこで脱糞。
もはや何の力も入れなくても次から次に出てくる半練り状のうんこ。
一瞬にして漂う臭気と、脱糞の快楽と、この現実に対する焦りと、
様々な要因でパニックになった俺はトイレからバイト仲間が出てきたときに
倒れたフリをしてしまった。
そして大げさに痙攣し、白目をむいてよだれを垂らし、
「ハゥウウゥゥゥゥッハグゥゥゥッ」と何かの発作のフリをした。
もちろん床も俺もうんこまみれ。
バイト仲間もパニックを起こしみんなを呼びにいき、
その家の家族も全員来てみんなで俺の心配をしている。
ひっこみのつかない俺はしばらく暴れた後、落ち着いたフリをし、10秒ほど寝るふりして
ハッと目を覚ましまわりを見渡す。
みんな心配そうに俺を見守っている。
「・・・・・・・・・・」
「だ、大丈夫か?」
「・・・・ああ、発作起こしてしまったか・・・ごめん・・・」
といかにもよくあることのようにして、もう心配ないとみんなに謝りうんこまみれの
俺は風呂に入らせてもらい、上がるとうんこまみれの床は綺麗になっていた。
その後みんなにすごく優しくしてもらった。

本当のことは誰にも言えず、その後しばらく発作のフリをすることになった。
みんなごめんなさい。
普通にうんこもらしただけでした・゚・(つД`)・゚・

オススメ出会いサイト「貧乳奴隷」

貧乳奴隷

AAカップ~Bカップ前後でMっ気のある女性を中心に会員を募集しているのがこの「貧乳奴隷」になる。なので、その条件に合う女性が好みの男性ならば自分の望み通りの相手を見つける事が出来るだろう。

貧乳というと若い女性・ロリ系をイメージするだろうが、登録している女性の中には30代・40代の主婦もいるので、その辺が好みという場合でも問題ない。しかしやはり登録している女性は年齢は20歳前後が多いようだ。

有効な広告媒体を押さえて宣伝しており、常に男性・女性ともに集まるサイトになっている。また、会員は全機能を無料で利用できる。

攻略方法は特にない。貧乳コンプレックスを抱えている女性が大半なので、会ってセックス、奴隷にするというのは全く手がかからず達成出来る。貧乳を理由に性的に不満を抱えている女性も多いので、性欲は他の女性よりも激しいと言って良い。問題は、男性側が貧乳好きかどうか、それだけだろう。貧乳が好きな男性にとっては全く何のデメリットもなく利用出来るサイトだ。