今中学生

2010/03/06 11:00┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

私は今中学生です。
小学生の時に先生とエッチしました。

その先生はすごく優しくていつも私の視線は先生のオチ○チンでした。
その先生は社会の歴史の先生で頑張って成績をあげたりもしました。
そしてテストが終わった後にたまたま私は委員会があって学校に残っていました。
先生もその委員会の担当で残っていて、私は帰ろうかなと思いましたが先生と2人でいることを想像したらもう心臓はバクバクです。
そして先生に「さようなら」って言ったら「おぉ!○○はこの間のテストよかったな」といってくれました。
私はもう先生に「先生好きです」と言ってしまいました。
卒業前というあせりもあったので。
そしたらいきなり先生がキスしてきました。
私は驚きましたが、もう嬉しくて舌を入れて答えました。
ろくにキスをしたことのない私が先生と濃厚なキスをしました。
「○○好きだ」と言うではありませんか!!
たまたま家には親はいない日でした。
そして放送室につれていかれて誰かがくるという不安の中ですっごい興奮しました。
そしてまずは全身をなめられてしまいました。
もう太ももで私は感じていて「あん、、あっ」と声を出してしまいました。
そして胸をなめられた時は「あぁん!」と言ってしまいもう感じはじめていてあそこもグチョグチョです。
そして乳首をコリコリしたりして私はもう入れてほしくてたまりません。
でも先生はいじわるでオマ○コも触ってはまた離してしまいます。
誰かの足音が聞こえます。
私は鍵のかかっていないドアが開かないことをいのるばかりです。
そして先生は私に「もうやめようか?」といじわるで言うので私はすごく恥ずかしかったけれど「先生のオチ○チン私の中にいれてください」と言いました。
そしたら先生は「○○はエッチだね」と言いました。
でも今度は指をいれてきましたがもう私のあそこは洪水のようです。
でも先生はなかなかいれてくれず乳首をさわったりしています。
今度は両方いじってきました。
私は両方はもうダメで大きな声で「あっっあん!!あん」と嘆いてしまいました。
先生のモノももう大きくなってきています。
先生は自分のものをだすと2人で全裸になりました。
もうここで人がはいってきたら終わりというスリル感がありわたしは「はっぁぁん」と自分でもすごいと思うほどの声を出していました。
そしてついに私の穴に先生のものがこすってきて入ってきました。
私は処女ですが家のシャワーでオナニーしてました。
もう先生のものはとても大きくていれる時すごく痛かったです。
しかし入れてちょっとしたら先生は急にピストン運動してきて私はもうダメだと思い「はぁぁ、もうイクぅあっあん」と言っても先生はやめてくれません。
そしてイッテしまいました。
先生の汁は私の口で受け止めてあげました。
すっごくおいしかった!!
そして我を忘れてエッチしまくりバックもフェラもやってあげました。
すっごい気持ち良かった!!
今でも関係は続いています。

バイブを授業中に入れられて友達に気付かれないようにしなくてはいけません。
先生はイジわるで急に強にするので私はもう「あっぁん」と小さな声で言ってしまいます。
休み時間は先生に頼んでエッチ三昧です。
気付かれたらヤバいかも(笑)
でもエッチは最高☆卒業しちゃってちょっと残念、、、。
先生はすごいテクなのであきることはありません。

今度はいつしようかな

オススメ出会いサイト「素人投稿エロ写倶楽部」

素人投稿エロ写倶楽部

写メ投稿サイトとして利用するもよし、セフレを探すもよし、様々な利用方法を見出せるのがこの「素人投稿エロ写倶楽部」だ。
女性が自身のエロ写メを投稿しているのがこのサイト。セクシーな自分を見て欲しいという願望からの行為で、それを男性は無料で自由に見ることが出来る。会員登録しなくても数枚見ることが出来るが、登録すればもっとたくさんのエロ写メを見ることが可能だ。

更に、彼女たちに個別に連絡を取ることも出来る。写メのリクエストをしてみるのもいいだろう。あまりにも公共良俗に反する画像はさすがにサイトには載せられないが、個人的には送ってもらえる可能性もある。

他にも、気にいった女性と直接会ってセックスをするのも可能だ。プロフィールを見れば、即会いでセックスを希望している女性かどうかは判断可能だ。大半の女性はセックスまで可能としているが、中には写メ限定の女性もいるのでプロフは確認しておこう。

このサイトの利用方法として有効なのが、練習用のサイトにするというものだ。出会い系サイトにあまり慣れてない初心者が、まずは女性をその気にさせるメールを送る練習として使うのが良い。写メを送ってもらえるようになったら、そのまま直接会うのもよい。いきなり会うのも面倒だ、大変だ、でも女性とのエロなコミュニケーションが欲しいという場合にも有用なサイトになるだろう。