今中学生

2010/03/06 11:00┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

私は今中学生です。
小学生の時に先生とエッチしました。

その先生はすごく優しくていつも私の視線は先生のオチ○チンでした。
その先生は社会の歴史の先生で頑張って成績をあげたりもしました。
そしてテストが終わった後にたまたま私は委員会があって学校に残っていました。
先生もその委員会の担当で残っていて、私は帰ろうかなと思いましたが先生と2人でいることを想像したらもう心臓はバクバクです。
そして先生に「さようなら」って言ったら「おぉ!○○はこの間のテストよかったな」といってくれました。
私はもう先生に「先生好きです」と言ってしまいました。
卒業前というあせりもあったので。
そしたらいきなり先生がキスしてきました。
私は驚きましたが、もう嬉しくて舌を入れて答えました。
ろくにキスをしたことのない私が先生と濃厚なキスをしました。
「○○好きだ」と言うではありませんか!!
たまたま家には親はいない日でした。
そして放送室につれていかれて誰かがくるという不安の中ですっごい興奮しました。
そしてまずは全身をなめられてしまいました。
もう太ももで私は感じていて「あん、、あっ」と声を出してしまいました。
そして胸をなめられた時は「あぁん!」と言ってしまいもう感じはじめていてあそこもグチョグチョです。
そして乳首をコリコリしたりして私はもう入れてほしくてたまりません。
でも先生はいじわるでオマ○コも触ってはまた離してしまいます。
誰かの足音が聞こえます。
私は鍵のかかっていないドアが開かないことをいのるばかりです。
そして先生は私に「もうやめようか?」といじわるで言うので私はすごく恥ずかしかったけれど「先生のオチ○チン私の中にいれてください」と言いました。
そしたら先生は「○○はエッチだね」と言いました。
でも今度は指をいれてきましたがもう私のあそこは洪水のようです。
でも先生はなかなかいれてくれず乳首をさわったりしています。
今度は両方いじってきました。
私は両方はもうダメで大きな声で「あっっあん!!あん」と嘆いてしまいました。
先生のモノももう大きくなってきています。
先生は自分のものをだすと2人で全裸になりました。
もうここで人がはいってきたら終わりというスリル感がありわたしは「はっぁぁん」と自分でもすごいと思うほどの声を出していました。
そしてついに私の穴に先生のものがこすってきて入ってきました。
私は処女ですが家のシャワーでオナニーしてました。
もう先生のものはとても大きくていれる時すごく痛かったです。
しかし入れてちょっとしたら先生は急にピストン運動してきて私はもうダメだと思い「はぁぁ、もうイクぅあっあん」と言っても先生はやめてくれません。
そしてイッテしまいました。
先生の汁は私の口で受け止めてあげました。
すっごくおいしかった!!
そして我を忘れてエッチしまくりバックもフェラもやってあげました。
すっごい気持ち良かった!!
今でも関係は続いています。

バイブを授業中に入れられて友達に気付かれないようにしなくてはいけません。
先生はイジわるで急に強にするので私はもう「あっぁん」と小さな声で言ってしまいます。
休み時間は先生に頼んでエッチ三昧です。
気付かれたらヤバいかも(笑)
でもエッチは最高☆卒業しちゃってちょっと残念、、、。
先生はすごいテクなのであきることはありません。

今度はいつしようかな

オススメ出会いサイト「人妻専門 無料SM掲示板」

人妻専門 無料SM掲示板

人妻のSMパートナーを募集する掲示板が「人妻専門 無料SM掲示板」だ。SM未経験の方から、SM上級者の方まで幅広い層の参加を受け付けている。既婚女性向けの雑誌に広告を掲載しているので人妻の参加が多くなっている。

ソフトな路線では言葉責め・拘束・目隠し等のプレイを求める主婦が多い。
そしてハード路線では、鞭・蝋燭・剃毛・浣腸・AF・アナル拡張・玩具責め・首輪・スパンキング・絶頂責め・露出・痴漢・ボンテージ・性器ピアスなど、中には本当にハードと呼べるものを求める人妻が多い。
これらのSM嗜好は主人に隠している女性が多く、それだけにサイト利用者は本格的に自分の本心を見せているケースが多い。SMが好きな男性にはベストのパートナーを見つけるのも容易だろう。

フェチプレイというカテゴリもあり、パンストの匂いや巨乳による圧迫窒息を求める男性にとっては望ましい相手を見つけられる可能性も高い。フェチというのはなかなか一般的な出会い系サイトではアピール出来ない人もいるだろう。だが、このサイトでは最初からそういう相手を探す事も出来る。

攻略法は、SM系サイトでは基本的な話になるが、自分の希望する相手をじっくり時間をかけて探す事が重要だろう。M娘は自分の性癖を恥ずかしがっている為、理解されないと警戒して生活している。なので、理解者であるのを最初から伝えるのもまた重要な要素になる。