母親とのセックス

2010/05/05 14:22┃登録者:えっちな18禁さん◆EFd5iAoc┃作者:65歳の高齢者

278 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/09(月) 05:50:00
昔の話(昭和26年)だが、お袋(42歳)が私(小2)と兄を連れて離婚前提で親父と別居し、お袋の実家にいきました。お袋とは小6まで一つ布団で一緒に寝ていました。
寝る時はお袋は「こうすると温かいから」と言って必ずお袋の両脚の間に私の両脚を挟んで寝てました。お袋は寝る時は腰巻に寝巻きでズロースはつけずに寝てました。
私の両脚にお袋の陰毛が触るのですが、当時は純真無垢の子供でしたからなんとも思わず本当に温かく、お袋に抱かれて寝ていました。
小5位の時でしょうか、下半身に違和感(快感)を覚え目が覚めましたが寝たふりを続けました。
そのごたびたび同じことがあり、ある晩とうとう耐え切れずお袋にしがみついてしまいました。

279 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/09(月) 06:08:26
私が目覚めたことに気がついたお袋は「シーッ」と言い、それまでしごいていたチンチンの手の動きを早めました。
とうとう耐え切れずお袋の手の中へ射精してしまいました。
お袋は枕カバーでチンチンと自分の手を拭いていました。
その後は枕元にちり紙が置かれるようになり、後処理はちり紙になりました。
そんなことが暫く続き、6年生になった頃には皮は剥け、私も性の知識も豊富になり、お袋のおマンコに手を差し入れるようになりました。
おマンコは濡れ、クリの部分に指先が当たった時などは「ウッ、ウッ、ハー」とお袋の抑えた声さえだすようになっていました。
ある晩、今まで手でしごいていたお袋が口に咥えてくれたのです。

280 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/09(月) 06:25:02
お袋の口の中の温かさ、口元での締まり、手でのしごきとはまったく違った感触に、手でのしごきでは結構持続していたのですが、この初めての快感ではかなり早くお袋の口の中に射精してしまいました。
そのままウトウトとしていると、また下半身の温かさに気がつき目を開けると目の前にお袋のお尻があり、おマンコがはっきり見えました。
豆電球に照らせれてヌラヌラと光って、少し黒ずんだ小陰唇、別にグロとも思わず(これが女のおマンコかと思った)、指で小陰唇を開いたり、クリをさすたりまじまじと観察(?)していました。

282 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/09(月) 12:13:11
すでにお袋の感じる場所はクリだと知っていたので、お尻を両手で抱えクリに舌を這わせ69の体勢で舐めあいました。
それでもお袋は挿入はさせてくれず、いつも手か口の中での射精ばかりでしたが、それでも私は満足していたのです。
中学生になるとさすがにお袋と一緒の布団で寝るわけにはいかず、同じ部屋の別々の布団で寝るようになりましたが、「Aちゃん、温かいからこっちにおいで」と私を自分の布団に入れてくれたり、「そっちにいくよ」といったりで互いの布団を行ったり来たりの状態で関係が続きました。
この頃は性的知識は相当身につけていましたが、おマンコへの挿入がしたくてしたくてたまりません。

283 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/09(月) 13:19:33
それまで時々お袋は、お尻をこちらえ向け(側臥位)おマンコの間に私のチンチンを挟んで逝かせてくれてました(今でいう素股)。
私に陰毛が生えだした時は、生え揃う過程が面白いといって毎回観察されて完全に生え揃った頃に「Aちゃんも大人になったね、今日は上になって」言われたのですが、いつもお袋主導の関係(勿論おっぱいを吸ったり、揉んだりはしていましたが)でしたので意味が判らずにいると、寝巻き、腰巻を肌蹴てM字開脚をしています。
M字開脚の間に身体を入れ、上から見下ろすお袋の裸は初めてです。
ちょっと垂れ気味に横に開いた乳房、胸から下腹部、黒々とした陰毛。
割れ目から顔を出したクリと小陰唇、お袋の手はいつものようにチンチンを握ってしごいていましたが、自分から濡れ光るおマンコの入り口に私のチンチンをあてがいました。
初めてのことなので戸惑ってといると、「そのまま腰で突いて・・・・」言われるままに腰を前に突き出すとニュルっとした感覚と同時に温かさを感じ、今までの口でするのとはまったく違った感触でした。

284 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/09(月) 13:47:51
突き入れると同時に「ウッ、ファ~」吐息とも喘ぎともつかない声がお袋の口から漏れます。
その後のことも判らずそのままにしていると「腰を・・動かして・・・」と教えられ前後に2、3度抜き差しすると今度は「いい~」とはっきり言葉を口にだしました。
なんせ初めて生でおマンコを経験したわけですからいつものように(咥え、舐められる時は10分程度は持続できた)いかずお袋の声を聞くと同時に中に射精してしまいました。
自分の出した精液がお袋の奥の壁に当たった気がして口でされるのとは大違いです。
「Aちゃん、初めてだからしょうがないね」といたわってくれ、自分の股間から流れでる私の精液をちり紙で拭いていました。

287 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/10(火) 05:40:30
それからの主導権は私に移り、指を使ってクリで逝かせ、舌を使って逝かせそのたびにお袋の口からは「いい~、もっと・・・もっと」抑え気味な喘ぎを漏らすようになりました。
いくら部屋数が多い家とはいっても、寝静まってからの女性のあの声は結構聞こえるものだと思います。
生理日は遣らせてくれず、安全日は生中出し、危険日は私が「いくよ」と声を掛けるとお袋は自ら腰をひいて外だしでした。
この頃になると、お袋のおマンコでの抜き差しも15~20分は持続できるようになり、お袋もわたしのチンチンでその間に2~3度は逝っていたようです。
お袋の逝く時は、脚を突っ張り「ウ~ンッ・・・ハ~」と吐息を漏らすから判りました。
私が逝く時は必ず「いくよ~」と声をかけるのが合図でした。

288 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/10(火) 06:10:20
乳首を舌先で転がしたり、優しく噛んだりするとお袋も感じることも知りました。
中学生の間に体位も覚えました。
最初はやはりお袋のM字開脚で始まり、クンニ、フェラ、指マンそして正常位で挿入。
お袋のおマンコに抜き差しするチンチンとあそこの濡れ具合が増してきてクチャクチャ、二チャ二チャたてる音に興奮を覚えたことです。
感じてくるとお袋の左右に振られる顔、喘ぎ声、私の腰にしっかりと巻きついた脚。
次は後背位、バックからの挿入です。いつ頃だったでしょうか、69の最中にお袋自ら「このまま入れて・・・」と四つんばいのままお尻を突き出して以来です。
この時はお袋の口から「い~~・・・奥・・まで」といつもと違った喘ぎ声をだしました。
側臥位は以前から知っていましたので大体この3パターンがいつものコースでした。
ある時、私の股間に顔を埋めてチンチンを咥えていたお袋はそのまま身体をずり上げて来て私の股間に跨り、勃起したチンチンを自分のおマンコにあてがい、そのまま腰を落としてきました。
初めての騎乗位の体験でした。

289 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/10(火) 06:29:55
私の股間に跨り腰を振るお袋を見上げ、揺れるおっぱい、張ったり緩んだりするお腹、時々見える陰毛の影。
お袋が後ろに両手をつくと小陰唇まで見え、出し入れされるチンチンがヌラヌラと光ってみえました。
私も腰を上下に使うと、奥まで届くのでしょう、喘ぎ声がかわります。
お袋も自分の感じる部分にチンチンの先を当てるかのように前後左右に動かしたり、腰を回したりして「Aちゃん、いくよ・・・」私の上に突っ伏してしまいました。
と同時にそれまで耐えていたものを一気にお袋のなかに射精しました。
中学の時は新しく加わった体位の組み合わせで関係をしていました。

291 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/11(水) 06:04:23
そのうち座敷蔵(普段住居として使用する蔵)でお袋と寝起きするようになりましたが、部屋は別々です。
蔵作は冬暖かく、夏は涼しく、最大のお袋とのメリットは防音性に優れていたことです。
それまで抑え気味だったお袋の喘ぎ声が限度はありましたが、はばかりなく出せることです。
お袋の喘ぐ時に発する言葉も断然多くなりました。
高校に進学すると、三つ上の兄は就職して同居家族は叔父夫婦との4人になりましたのでもう夜の関係は一つの布団で寝ていようが夫婦同然の生活でした。
高校生になるとお袋はチンチンを咥え、舐めながら「Aちゃんのこれも立派な大人になったね~」と愛おしいそうに丁寧に咥え、舐めてそれから自らのおマンコに入れるのです。
お袋が後ろ向きに上に乗ると動くたびに、アナルがヒクつき閉じたり開いたり、前屈みになり、動くたびにおマンコに抜き差しするチンチンが小陰唇を巻き込んで出し入れされるのです。

292 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/11(水) 06:23:52
50歳を超えたお袋でしたが、お尻はそれなりにありましたが、まだクビレもあり、おっぱいは多少垂れ気味にはなっていましたが近所の同年輩のおばさん達と比べるとまだまだ若いといった感じです。
松葉くずしの体位の時は「チンチンが奥の一番感じる部分に当たる」と言ってお袋の好きな体位でした。
こんな関係も私の高校卒業=遠方就職で一時的に終わりました。
最後の夜は一晩中ほとんど寝ずにありとあらゆる体位でずにお袋と交じりあいました。
「もうAちゃんとは会えないんだね・・・・」あの時に流す涙とは違った本当に別れを惜しむ涙を流していました。
「盆、暮れには必ず帰ってくるんだよ」と言って送り出してくれました。
24歳で結婚するまで帰省のたびにお袋と交じり合いました。
60歳でも女は出来るんですよ。

293 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/02/11(水) 06:38:20
この結婚の時は、口に出しては言いませんでしたが、彼女に私を取られると思ったのでしょうか猛烈に反対され、親子の縁を切るとまで言われました。
その頃は帰省もせずお袋との関係も疎遠になっておりなんとか説き伏せやっと了解を取り付け結婚しました。
男女二人の子供も出来て孫を抱いたお袋はすっかりいいお祖母ちゃんになり、それまでのことは棚にあげ、嫁さんに「夫婦は夜の営みがなくなったら終わりだよ」と変な知恵をつけ77歳でこの世を去りました。
58歳で亡くなった兄の変わりに、一昨年お袋の23回忌を営み昔のお袋との封印を解くつもりで投稿してみました。
長々とお付き合い頂きありがとうございました。

296 名前:293 投稿日:2009/02/12(木) 06:00:12
田舎(と言っても某市街)の旧家で部屋数が多く、兄は従姉弟の男同士で別部屋で寝ていました。
お袋と寝ていた部屋は二間続きの仏間で隣の部屋は使用されていませんでしたので他の家族にはバレズに済んだのです。
お袋と一緒に寝ていたのは私(最年少ゆえ)だけでしたから兄とお袋は関係していません。
別居する直前、お袋は「Aちゃん、お母ちゃんはAちゃんが一番好きだよ」と抱きしめてくれ言ってくれたことを今でも覚えています。

357 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/04/22(水) 05:12:53
>>356
コメントありがとうございます。
↑の投稿者の>>278です。
65歳の高齢者ですが昨年まで現役で勤めていましたのでPCの操作はできます。
また、若い連中と色々と接する機会が多いので話題にはことかかないので2chでもピンクでも・・・・です。
彼らとの連絡のやり取りはすべてPCですから。

361 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/04/23(木) 06:03:02
>>358
この歳まで生きてくればエロイ話は結構ありますよ。
公表できない誰にも言えない話もです。
メールもらえれば直で話せますね。

406 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/22(金) 05:34:25
65歳の高齢者です。時々覗いています。
まだ関心を持って頂いていた方がおられるんですね、ありがとうございます。
結婚当時は遠方(大阪)に居たことと(まだ新幹線はなく、急行列車で大阪~実家=15、6時間かかる)、ハネムーンベビーで家内がすぐ妊娠したこともあり、帰省は子供が3歳位になってからです。
帰省する時は家内同伴ですし、お袋も孫に関心を移したように求めてきませんでした。

407 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/22(金) 06:09:48
65歳の高齢者です。
勘違いの訂正です。結婚した頃は東海道新幹線は開通してました。
大阪~東京~上野~実家=11時間位です。

408 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/23(土) 16:29:14
>65歳の高齢者さん

質問に答えていただき、ありがとうございました。
まだ、ときどきスレに来られてるとのことですから、追加で質問させて下さい。

1 陰毛が生え揃うまで、挿入させてくれなかったのは何故でしょうか?

2 オナニーをする必要性がなかったのかと思われますが、遠方就職のために家を出るまで、自慰行為については、いかがだったのでしょう?

3 性交において、互いに背徳感はありましたか?特にお袋さんは、息子との性交について、どのように言っていましたか?

4 寝室以外(例えば家内の共用部分とか、屋外など)での性交はありましたか?

5 その他、以前の投稿に関し、追加事項などあれば、何でも教えてください。

よろしくお願いします。

409 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/26(火) 05:06:20
>>408さんへ
>>278の65歳の高齢者です。
1、については想像ですが、お袋は明治生まれなので陰毛が生えて”一人前の男”といった
   考えを持っていたのではないでしょうか。
2、については、私自身お袋としようと思えばいつでも出来る環境でしたので自慰行為はありませんでした。
   むしろ、寮生活でしたが就職してからは自慰行為をしてましたね。
3、は、小6までは私はお医者さんごっこの延長位で背徳感はありませんでした。
   小5の時の私の違和感で目が覚めた時に、お袋が「シ~ッ」と声を出すなと言ってますので当然大人なので、してはいけないこと(背徳感)の認識はあったはずです。
   小6の時の69をした時に「このことは誰にも言うんじゃないよ」と言われ、私もこれで(いけないことなんだ)と思った記憶があります。
   勿論誰にも言いませんでした。
   中学になって辞書を使うようになって「近親相姦」を知りました。
4、はたまにお風呂に一緒に入ってた陰毛の生える前は、性交はなく口でしてくれたことはありましたね。

410 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/26(火) 05:20:11
>>408さんへ
65歳の高齢者です。
5、そんな経験をしていましたので、マセた餓鬼で従姉妹が読んでいた雑誌”明星””平凡”とかの特に性に関する人生相談欄のこんな女に誰がしたなんかを良く読んでいました。
   高校生の頃は、伯父夫婦のタンスの中で見つけた”夫婦生活”なんて雑誌も盗み読みして勉強(?)しました。
   記憶にあることは書いたつもりですが、具体的にご質問あれば。

414 名前:408 投稿日:2009/05/26(火) 23:24:10
> 65歳の高齢者さん
回答ありがとうございます。
補足質問をさせて下さい。

1、家を出て寮生活を始めるまでは、自慰行為は全くなかった訳ですね。
では、寮生活において、自慰をするときに思い浮かべる対象の女性は、やはりお袋さんだったのでしょうか?
2、口でしてもらった後、精液は飲んでくれていたのでしょうか?
3、結婚後は、性交はなかったとのことですが、お袋さんと2人っきりの時などに、思い出話し等で当時を懐かしがったりするような会話はありませんでしたか?
4、親父さんとお袋さんの別居の原因は、何なのでしょうか?
5、お袋さんと、キスはしていましたか?
6、嫁さんや他の女性と比べ、お袋さんとのセックスは、どのような違いがありますか?

雑多な質問で申し訳ありません。

418 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/27(水) 10:34:05
>>408さんへ
>>278の65歳の高齢者です。
1、寮生活の初めはやはりお袋を思い浮かべて自慰をしてました。今度帰省した時は・・・なんて。
   そのうち段々会社の女の子が対象になってきましたね。
2、口でしてくれた時は吐き出す時も、そのままゴックンだったり、射精しないで途中から行為になることも。
3、結婚後はお袋も60歳を超えてましたので、さすがに私のお袋を見る目も変わり(若い嫁さんに)ましたし、私はなんとなく面映ゆくお互いに口にはしませんでした。
   そんな関連の言葉は、書いたように嫁さんに「夫婦はあれがなくなったら終わりだよ」と言ったこと位ですかね。

419 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/27(水) 10:55:25
>>408さんへ
>>278の65歳の高齢者です。
4、別居の原因は親父がグータラで定職につかず、お袋の行商で一家7人が喰っていた貧しさと親父は2人の子連れ再婚で、兄と私の2人がお袋の子供でしたので、自分一人働いてなんで先妻の子供まで食わさなきゃならないのかと、見切りをつけたのだと言ってました。
5、お袋とキスはしていましたが、いつ頃からかは定かではありませんが、多分、69をした頃からだと思います。
6、その後の経験から、Sexそのものに大きな違いはないと思っています。
   当時はお袋=SEXですから最高だったです。あと、近親相姦と知ってからの背徳感で異常に興奮しました。
   年齢、身体から言っも60歳近い超熟女を相手に今の私でもちょっと引きますよ。
   それでもお袋と出来たのはやはり、近親相姦の異常性でしょうね。

422 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/28(木) 05:05:36
>>408さんへ
>>278の65歳の高齢者です。
  危険日以外でも私が射精する時(しそうになった時)は、必ず私が「イクよ」と声をかけるのが習慣化していましたので、抜くと同時に射精でした。
  たまにお袋が咥えてくれたり、手でシゴイテくれたりで即発射でした。コントロールなんて出来ませんよ。
  お袋36歳の子ですから、高校生の頃は50歳を超えていてお袋の生理は割と早く上がっていたと思いますよ。
  そう言えばいつからか外出ししなくなってましたね。

428 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/30(土) 15:40:58
> 65歳の高齢者さん

なるほど。
>抜くと同時に射精

私などは、射精の直前に抜くのは失敗して中に漏らすのが怖いので、だいぶ前に抜いて、しばらく手コキをしてからじゃないと、出せませんww
膣の中に、ちょっと漏れてたとかも、あったかもしれませんね?

>結婚の時は、彼女に私を取られると思ったのでしょうか
>猛烈に反対され、親子の縁を切るとまで言われました

とのことですが、これは相姦特有の心理だと思いますし、僕個人にとっては、とても興味深いやりとりです。
やはり、お袋さんは内心「息子をとられる」と嫉妬したんだと思いますが、建前では、どのような理由で反対したのでしょうか?

429 名前:えっちな18禁さん 投稿日:2009/05/30(土) 18:04:26
> 65歳の高齢者さん

追加で質問させていただきます。

1 お袋さんの「アナルがヒクつき閉じたり開いたり」と書いておられますが、前戯時に、お互いにアナルへの愛撫はありましたか?
2 お袋さんは、前戯でフェラをしてくれるのが定番だったようですが、他に例えば、体じゅうを舐めてくれる等、積極的な行為はありましたか?
3 射精後、お袋さんはチンチンをチリ紙で拭いてくれるとか、いわゆる「お掃除フェラ」等のアフターケアをしてくれていましたか?
4 寮生活をしているうち、「だんだん会社の女の子が対象になってきた」とのことですが、その理由とかキッカケとかは何だったんでしょうか?
5 寮生活中、当時のことですから、実家のお袋さんとは、手紙のやり取りがメインだったんでしょうか?
とすれば、やはり文章はラブレターのような内容でしたか?

435 名前:65歳の高齢者 投稿日:2009/06/01(月) 14:21:48
>>428さんへ
抜くと同時に射精→おっしゃる通り膣内に漏らしたこともあったかもしれません。
自分では明らかに膣内で射精と言った記憶はありませんが。
結婚反対の理由は、田舎独特の「どこの馬の骨か判らない女」でした。向こう(彼女の方)に言わせれば同じことだと思いますが。

436 名前:65歳の高齢者 投稿日:2009/06/01(月) 14:54:39
>>429さんへ
1、お袋のアナルのひくつき、閉じたり開いたりを見た後、バックでしている時は完全にアナルのひきつくのが見えることが判り、バックでの時は毎回ではありませんが、時々アナルに指を差し込んだりしたことがあります。
   お袋の反応が違った記憶がよみがえりました。
   私はアナルへ愛撫された記憶はありません。
2、フェラ以外の前戯で積極的なものと言えるかどうか、玉舐め、口に含むことですかね。
   全身にということはありませんでした。多分明治生まれの女にはこの位が限度なのでは。
3、あ、もちろんチリ紙で拭いてくれましたよ。今と違ってすぐシャワーなんて時代でありませんし。
4、会社の子で可愛い子がいまして、毎日顔をみますし、ほのかな恋心が芽生えたんです。
   お袋とは遠距離恋愛みたいな感じですから、目の前(近距離)に目がいきますよ。

437 名前:65歳の高齢者 投稿日:2009/06/01(月) 15:03:41
>>429さんへ
5、電話なんか、交換嬢を通して普通、急報、特急の区別で、普通だと朝申し込んだものが夕方繋がる時代で、時間、料金が違いましたので当然手紙でのやり取りですが特に内容はラブレターっぽくなく、唯一は「暮れに帰ってくるのを楽しみにしています」といった期待感を思わせる文章位です。
   私の方も日常の報告と必ず帰るからの内容で1ケ月1通位のやり取りでした。

オススメ出会いサイト「素人投稿エロ写倶楽部」

素人投稿エロ写倶楽部

写メ投稿サイトとして利用するもよし、セフレを探すもよし、様々な利用方法を見出せるのがこの「素人投稿エロ写倶楽部」だ。
女性が自身のエロ写メを投稿しているのがこのサイト。セクシーな自分を見て欲しいという願望からの行為で、それを男性は無料で自由に見ることが出来る。会員登録しなくても数枚見ることが出来るが、登録すればもっとたくさんのエロ写メを見ることが可能だ。

更に、彼女たちに個別に連絡を取ることも出来る。写メのリクエストをしてみるのもいいだろう。あまりにも公共良俗に反する画像はさすがにサイトには載せられないが、個人的には送ってもらえる可能性もある。

他にも、気にいった女性と直接会ってセックスをするのも可能だ。プロフィールを見れば、即会いでセックスを希望している女性かどうかは判断可能だ。大半の女性はセックスまで可能としているが、中には写メ限定の女性もいるのでプロフは確認しておこう。

このサイトの利用方法として有効なのが、練習用のサイトにするというものだ。出会い系サイトにあまり慣れてない初心者が、まずは女性をその気にさせるメールを送る練習として使うのが良い。写メを送ってもらえるようになったら、そのまま直接会うのもよい。いきなり会うのも面倒だ、大変だ、でも女性とのエロなコミュニケーションが欲しいという場合にも有用なサイトになるだろう。