彼女の初体験

2009/10/10 18:00┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

今でこそ恥ずかしくはありませんが、私は亀頭が異常に大きく、昔は嫌な思いをしました。

中学生になり、当時友人達と銭湯に行くのが遊びのひとつになっていました。
友人達の中で一人だけ剥けていて亀頭が大きかったので友人達にキトウ君というアダ名で呼ばれる事もありました。
付き合っていた彼女に「なんでキトウ君なの」と聞かれ困ったこともありました。

ある日、彼女が友人からアダ名の由来を聞いてきたようで「そんなに大きいの」と聞いてきました。
彼女とは幼稚園からの幼馴染で中一から付き合っており、何でも知っている仲でしたが最後は未だでした。
私がキスをして誤魔化そうとすると彼女は「見せて」と言いました。
私はズボンを脱ぎ、勃起したペニスを見せると彼女は何も言わず、ペニスにキスをしてくれました。
「お前のも見せて」と私が言うと彼女は何も言わず上を向いて横になってくれました。
スカートを捲りパンティを下げると「恥ずかしい」と言いましたが足を広げアソコに顔を埋めました。
彼女の上に乗り「してもいい?」と聞くと「うん」と小さく頷いてくれたのでペニスを挿入しようとしましたが入りません。
何度も挑戦しましたが結局挿入できませんでした。

半年ほど経った私の誕生日でした。
いつものように彼女のアソコに顔を埋め、濡れてきたのを確認して上に乗りました。
ペニスを当て入れようとすると少し先が入ったのが判りました。彼女は痛そうな顔をしながら「ゆっくり」と言いました。
私は一旦抜いて少しずつ入れました。今度はもう少し入ったのが判りました。彼女の痛そうな顔を見て、もう一度抜きました。
彼女は深呼吸をして私を見ます。もう一度入れていきました。
彼女が「ゆっくり」と言い、半分程入ったところで「ブチっ」と言う感じがして私達は見つめ合いました。
それからゆっくりと彼女の中に入り、私達は抱きしめ合いました。
彼女は涙を流しながら「良かったね、できたね、愛してる」と言ってくれました。

彼女の中は、暖かく最高でしたが、終わった後、シーツに着いた血がとれず二人で悩んだことを思い出します。

オススメ出会いサイト「主夫SEARCH」

主夫SEARCH

主夫という言葉から、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?単純に主婦の男性バージョン、そういうイメージを持っていると思います。しかしこの「主夫 SEARCH」で募集している主夫はやや異なっているニュアンスをも含んでいます。

サイトにアクセスするとまず「土日のみor数時間でもOK!空いた時間を有効活用しませんか♪
家事・育児・介護が一切できなくても問題なし!容姿・年齢も一切不問!」という文章があるのが確認出来ます。これが意味するところ、分かりますよね?

そうです。実際に求められているのは、セックスなんです。セックスをして相手を満たすことで、対価を得る新時代の主夫業ですね。私も早速利用してみたのですが、これは便利ですね。相手の家に通ったり泊り込んだりセックスしてそれでお金貰えるんですからね。やってることはただのヒモですよ。ヒモになりたい男性、働きたくない男性にとってはとてもありがたいコンセプトのサイトですね。働きたくないといっても、相手の女性とセックスするのは主夫のお仕事ですので、そこは最低限きちんと務めましょうね。それさえ出来れば、いくらでもお金の稼げるサイトです。かけもちで主夫業を行えば月収400万も夢ではないですよ。

このサイトの攻略方法としては、住み込み長期をいきなり狙うよりも、まずは短期を複数かけもちするのが良いです。そのほうが相手の女性を色々変えられるのでこちらとしても飽きが来ない。長期で特定の女性専属みたいになると、飽きてくるんですよね。毎日同じ食事じゃツライでしょう。その感覚ですよ。なので、まずは短期狙いで、慣れてきたら長期の女性を相手にして安定した収入を確保するのが良いでしょう。