カツアゲ

2007/02/16 15:13┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

高校の時のこと。
公営プールで競泳パンツ姿で真面目に泳いでいたら、クラスの女子のグループが入ってきた。

このグループは殆ど女子生徒ばかりのうちの学校で、ワルでハバをきかせていてもちろんローファーはサンダル履きでパンツがみえるミニスカ姿。
授業中に携帯電話したり、タバコを吸ったりしても教師が手を出せないでいる始末。
その日も、公営プールだというのに、小さくて過激なビキニでヘソピにタットゥーのスタイルで泳ぎもせず、ジャグジーや流水プールでふざけていた。

プールの休憩時間、遊泳者は全員、水からあがらなければならなかったが、俺は彼女たちに見つかると怖いので人気のない採暖室に隠れていた。
ところが、ドアが開き彼女たちが入ってきた。
俺をみつけると「あ、H君じゃん」、俺の競泳パンツを遠慮なくみて「へえ、H君、こんな小さな水着はいてんだ。恥ずかしくないの?」
なんていいながら4人が俺を囲むように座り込んだ。
皆女子高校生だというのに、豊満な体に食い込むような小さなビキニ。
目のやり場に困りながらもムラムラして少し勃起すると、「起ってんじゃねか」とバレてしまった。
そして巧みな指先で股間を少し触られると、すぐに俺のPは小さな競パンから突き抜けはみ出てしまった。
慌てて隠そうと競パンの前をがんばって引っ張ったが無理で、女子グループに爆笑されてしまった。

そのプールの帰り、出口のところで待ち伏せしていたグループは俺に向かって
「今日穿いてた水着貸してよ。」
「今日のこと学校で言ってもいいのか?」
…と脅して、俺は水着を取り上げられてしまった。

そして次の日朝学校へ行くと、後ろの黒板に俺の全身の似顔絵が描かれていて腰の部分に昨日、カツアゲされたパンツが貼り付けられていた。
そして吹き出しで「Hです。いつもこんなパンツ穿いてます。パンツが小さすぎて前がはみ出ます」と書かれていた。
自分たちの方がイヤらしい水着だったくせに、、、と思ったが、何も言えずにパンツを取り戻して、黒板拭きをしたのだった。
クラスの女子は皆大爆笑だった。

オススメ出会いサイト「Love Treatment」

Love Treatment

女性向け風俗サイトがこの「Love Treatment」。
女性向け風俗というのは有りそうで無い、競合の少ない世界である。なぜ少ないのかと言うと、男性の場合はスタミナ的な問題からそうそう連続して沢山の女性を相手にするのは難しいからだ。慢性的な男性不足に陥る為、感嘆には成立しない業種になっている。このサイトも、女性が圧倒的に多いのに彼女たちを相手に出来る男性の数が不足している状況になっている。なので、もし週に3日以上セックス出来る男性だったら、このサイトを利用しない手は無い。

・2時間  \20,000
・3時間  \30,000
・6時間  \50,000
・12時間 \80,000
・24時間 \120,000

これがサイトに掲載されている謝礼額である。24時間は厳しいとしても、3時間ぐらいなら問題なく女性の相手が出来るだろう。それを時間をずらして一日2~3人繰り返せば、日給6万~9万得ることになる。もちろん、ここに書いてある額は一般的な料金であり、約束されている最低ラインに過ぎない。女性次第では、2時間で10万の謝礼を支払ってくれる人もいるので、挑戦してみるのがいいだろう。

攻略法は、まずはルックスの気に入った女性の相手をするところから始めたほうがいい。謝礼額が多いけど好みじゃないという女性を無理に相手にしても、中々勃起出来ずに時間がかかってしまうという危険性もある。慣れてきたら、流れ作業的に報酬額の多い女性もスケジュールに組み込んでみる、それぐらいの感じでスタートするのが安全だ。